6月初めのイメージカラー

二十四節気

一粒の種が何万倍にも成長する

今日は節入りの芒種です。芒種の意味はこちらから 左矢印
干支暦では午月に入ります。

芒種は種まきを始める時季。
このころ種をまいた植物の成長には勢いがあり
一粒の種から何万倍もの花や実をつける。

これを一粒万倍日と呼び
とくに芒種のころが
縁起が良いと考えられています。

大きく発展させたいことがあれば
見逃せませんね。

もちろん
運勢カレンダーで
あなたの開運日もチェックして!

さて
目で見て楽しんでいただく
節入り日に季節を表現する色彩コラム
今月もしつこく掲載します(笑)。

  • 立春
  • 啓蟄
  • 立夏
  • 季節によって色彩が違うから
    見ているだけで楽しくなります。

太陽が陰りがちになる梅雨どき
湿り気を帯びた空に
邪気を追い払う朱雀の
五色の翼が垣間見えるでしょうか・・・。

それでは芒種の色彩を表しますね。

この色にも美しい言葉がついています。

6月の始まりの色彩は
紫陽花のグラデーションが
鮮やかに映えるようなイメージです。

      青龍
      深山八重紫
      小町
      紅手毬
      万華鏡
      梅雨空
      梅仕事
      入梅
      南十字星

あなたの守護ラッキーカラーとして
加えてみてはどうでしょう。
きっとステキな変化が起こりますよ。

次の節入りも楽しみにしていただけたら幸いです☆彡

関連記事

おすすめ

過去の記事

LINE登録してください!

友だち追加
ページ上部へ戻る