啓蟄

二十四節気

あなたを笑顔にする秘けつ

今日は啓蟄(けいちつ)です。
大地も暖まり、冬のあいだ土のなかにいた虫が穴を開いて
地上に顔をだすころ。
干支暦の上では今日より新しい月に入ります。

早いもので2019年も3ヶ月めに入りました。
算命学が使っている干支暦でも、今日で2ヶ月め。

啓蟄は、太陽と月と惑星の動きをもとにした二十四節気のうち、
節入りにあたる日です。

立春・啓蟄・清明・立夏・芒種・小暑・立秋・白露・寒露・立冬・大雪・小寒

二十四節気の奇数の節気が、月初め(節入り)になります。

この節入日から次の節入前日までが干支暦の1ヶ月です。

干支暦は利点があります。数字のカレンダーとは違って、
運気のテーマを知ることができるのです。

あなたの元心ごとに、内在する障害や因縁、また見通しなどを
読み解けます。

暦はいつも近くにあるものだけど見えないものなので、
タロットカードのように神秘性も啓示性も
感じられないかもしれません。

でも良いことにしろ良くないことにしても、何かが起こったとき、
その日のあなたのテーマや関係する人たちのテーマから、
タロットカードのように状況や打開策や周囲の援助を
読み解くことができます。

モテ期や勝負期を前もって知っていただけたら、
行動も変わって心の準備や気の持ちようも違ってくると思います。

でもまずは気がるに、
心中空日に積極的なことをしないだけでも十分です(^^♪

あなたのカレンダーを笑顔に変えて、
あなた自身がどんどん笑顔になってくださいね。

立春からの干支カレンダーをこちらからお求めになれます。

もちろんあなたの心中空をお伝えしますので、
ためしてみてください!!

一年はまだ始まったばかり、
あなたやあなたの家族にとって
素晴らしい『田園の亥年』となりますように!

書籍が出版されました。
こちらも併せてご検討くださいませ。

関連記事

おすすめ

過去の記事

ページ上部へ戻る