無傷無病

サムハラ神社

サムハラ神社

癒しフェア2020大阪の前に世界の人々の災難や怪我のないよう平和を願っている三柱神のいる神社を参拝しました。

いつものようにふと降りてきて行くことにしたものですから、ご祭神のことも勉強していません(;^ω^)
漢字は変換機能にはないため、カタカナでも書かれています。というのも、漢字のように見えるけれどもじつは神の字と言われていて表記できないらしい。
サムハラの由来はサンスクリット語の三祓羅(さんばら)から来ていて、意味は仏の真実の言葉として捉えられ、唱えていれば「辛さや危険から身を守る」災難を払い落すと言われています。

大阪サムハラ神社

サムハラ神社には、天と地ができた原初のとき突如現れた造化三神(ぞうかさんしん)が祀られています。万象の中心に坐す天之御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)、有形無形のあらゆるものを生み、むすび、調えるチカラの源たる高皇霊産大神(たかみむすびのおおかみ)、神皇霊産大神(かみむすびのおおかみ)の三柱の神々です。

創造そして生命力は人間も動物も植物もすべてこの世界に生まれもった見えないものにさえ必要です。

まずは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が収束して
世界平和につながりますように。

関連記事

おすすめ

過去の記事

LINE登録してください!

友だち追加
ページ上部へ戻る